2017年10月26日

悠久のとき

_IMG7246.jpg

おそらく500年前も、いまとそれほど姿形はそれほど変わっていないんじゃないか?などと想像しながら雲海の山を撮影をしていた。10年ひとむかしなどという人間が感じる時間の概念と自然のそれとでは、あまりにもスケールに差があり過ぎる。人は頑張っても(頑張らなくても?)100年ほどしか生きないので、仕方ないか・・・。
posted by 生出道憲 at 12:43 |

2017年10月17日

磐梯山、南斜面の紅葉

                    _0149346.jpg
posted by 生出道憲 at 12:50 |

錦平

_IMG8436.jpg
posted by 生出道憲 at 12:42 |

2017年10月16日

ヤマアカガエル

_9240393.jpg
森の中の出逢いは、どいつもこいつも愛おしいものばかり。
posted by 生出道憲 at 22:48 | カエル

ヤマカガシ?の子供

_9240346.jpg

たまにはこのようなものにも出逢うわけで・・・。それにしても怖い顔をしているね。
posted by 生出道憲 at 22:45 |

落ち葉の隙間から

                    _0159371.jpg

落ち葉の敷き詰められた森を歩くときは、出始めた彼らに気をつけながら歩を進めなければならない。せっかく出てきたのだからね。むやみに踏んでしまったら可哀想だ。
posted by 生出道憲 at 22:38 | キノコ

カワラタケ

_0159363.jpg

キノコには様々な薬効が確認されている。このカワラタケは癌、特に肺癌、食道癌、乳癌などに有効であることが確認されているという。
posted by 生出道憲 at 22:34 | キノコ

秋晴れ

_9240370.jpg

ちょっとしゃがんで倒木を見上げてみた。キノコの傘は虫たちで賑わっている。キノコは彼らの興味をそそる何かを発散させているのだろう。人には嫌がられる虫たちも、森を構成する大切な生き物。人が踏んでしまえば、それまでだけど、人知れず営まれている自然の生業を秋晴れの下、暫し見つめていた。
posted by 生出道憲 at 22:27 | キノコ

倒木という大地

_0159393.jpg

見事なまでに苔にまとわれた倒木。細降る雨で森は薄暗いのだけど、この倒木は生命力溢れる輝きを放っていた。キノコにとってはかけがえのない大地だ。
posted by 生出道憲 at 22:08 | キノコ

2017年10月11日

つばくろ谷

                    _IMG8358.jpg

不動沢橋の上からつばくろ谷を見下ろす。紅葉はピークの手前だったがとりあえず撮っておこうと機材を取りに車に戻る。いざ撮影を、と再び橋に戻ると・・・なんとあっという間に霧が立ち込めてしまい何も見えない。30分、40分・・・どのくらい待っただろう。一瞬霧が晴れたのも束の間、瞬く間に谷は霧の中。魚釣りの好きな大先輩から、同じような話を聞いたことがあった。写真撮りと釣り人と、とるものは違うけど、案外似たような種族なのかもしれない。
posted by 生出道憲 at 22:41 |